おもと 
第90回三河おもと名品展 案内



おもと


明日からの第90回三河おもと名品展 2016
展示の様子
この土日に展示会です。

出品項目を少し変更したので、
獅子系、羅紗系の出品が非常に多く
にぎわいました。
獅子系に人気が出ると初心者さんも増えて
楽しみと言われています。

今回は特別におもとのお盆 鎌倉彫など
おもとにまつわる品の展示もございます。
是非遊びに来てください!




御案内
第90回三河おもと名品展
    公益社団法人日本おもと協会三河支部主催
日時 28年10月22日(土) 展覧時間午前9時~午後5時
       10月23日(日) 展覧時間午前9時~午後4時
会場 おかざき農遊館 展示室
    愛知県岡崎市阿知和町字乗越12番地
        電話 0564-46-4700
大会事務所 豊明園
        電話 0564-51-4714
豊明園や、会場のおかざき農遊館へ問い合わせの電話を沢山いただいています。
趣味者さんと出品のおもとについて相談したり、
即売席のおもと、材料を用意したりと私たちも大忙しです。
おもと協会が公益社団法人になり、
協会会員でない人も出品できるようになりました。
今年は新しい方が今、3名ほど出品して下さいます。
 初心者の方で、出品したい方はご連絡ください。







10/21
昨日、朝水遣りをしました。
展示会にもっていくものは直前に水遣り
展示会中は乾燥したり、途中の水遣りが出来ないので
持って行く前にたっぷりとかけておきます。
会場によってはエアコンや風などで
極度に乾燥することもあるので注意します。
外から買ってきたおもとには
夜露に当てないようにビニールをはります。
場所が変わると、今まで出ていなかった
病原菌が動きだすこともあるので
気を付けます。
今の時期は夜露で病気が出やすい時期なので、
消毒もこまめに。
竹酢液や微量要素、ワラ灰も忘れずに。















淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」
http://www.kisekinohoshi.jp/



花と緑のある暮らし
「温故知新―美意識が生んだ日本の伝統園芸―」
オモト・・・9月24日(土)~10月7日(金)

万年青栽培の歴史は300年とも400年以上とも言われます。江戸時代は主に大名のもとで栽培が行われていました。

元禄から享保のころより、栽培がある程度一般庶民にも広がったようです。文化文政のころには、縞や矮性のものも栽培されるようになりました。
盆栽・・・10月8日(土)~11月13日(日)
古典菊・・・10月29日(土)~11月13日(日)








ワラ灰
しっかりやりましょう。
K(カリ分)の補給にもなり、
根芋が強くなり、病害虫にも強くなります。







1週間ほど前に植え替えたものが
新根がよくでて、下葉が少しづつ落ちてきました。
元気な証拠



大会前の植え替え
植え替えをすると刺激で新根がでて、
下葉が落ちやすいです
葉数も多く、大会で勝負したい木は
直前の1週間前 前後に植えかえます。


















大葉から薄葉、羅紗、実生実親まで、
どの木も新根の動きがよい。
この時期は温度も高いので、
植え替え前に消毒液に浸けるのは
極短く
根の吸い上げがよいので、
すぐに薬害が出てしまいます。
植え替えた後は乾きも早いので
水切れを起こさないように

羅紗系は日に強いので、植え替えた後も
日をある程度当てますが、
薄葉系などは日を弱めて1~2週間管理して
日を強めていきます。



秋の植え替えの際に、春に芋切りをしたい物には
チェックをしておきます。
春には芋切りの木だけ抜けば、芋切りが出来ます。
また、今年の作がなかなかうまくいかず、
再生させたいものも来年の秋に芋を切り、
再生させることもできます。

私どもの水遣りは少なめ少なめでやっているが
少し多いので、赤玉土の多い用土は根落ちが多い
矢作砂(やはぎすな)、パミスで
荒目で植えた方が成績よし

こればっかりは水遣り、用土だけでなく、
日当たり風通しなど環境によるので
皆さんご自分の環境にあった用土、水やりを研究してください。




























第16回萬風展記念帳
5000円
萬風展全出品作品326点
昨年の名品展特別最優等57点
第19回萬遊会全出品作品160点
スナップ写真
ソフトカバー、オールカラー
素晴らしいコメント付き

送料1冊100円(クロネコメール便)
      360円(レターパック)

















徳川家康公も実を付けて楽しんだおもと
400年前の寺社に実付きのおもとが沢山残っています
是非楽しんでください










静岡 久能山東照宮



国宝 久能山東照宮の石の間
桐の花に舞い降りる、飛び立つ鳳凰の上に
実付きのおもと かえるまたの中
かえるまたには徳川の三つ葉葵が

久能山東照宮
422-8011
静岡県静岡市駿河区根古屋390




2016年 大会
9/30~10/2 鹿児島大会
10/22~23 愛知 岡崎 農遊館 第90回三河おもと名品展









江戸のおもと彫刻 三峰神社


徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社

おもとの彫刻 久能山東照宮   福岡 英彦山神宮
京都 北野天満宮摂社 地主神社





おもとのご質問
メールでご質問いただきますと、
こちらでお答えいたします。
メール omoto@houmeien.co.jp




久能山東照宮
おもとの彫刻
岡崎 六所神社のおもとの彫刻
江戸時代

国宝 久能山東照宮のおもとの彫刻

桐と鳳凰の上におもとが彫られています

徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
『始めよう伝統園芸おもと』の本
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/



鉢とおもとの裏表







おもとについて
おもと通信販売
引越しおもと1
Omoto English
万年青 品種紹介
おもと 品種紹介2
万年青
おもとを楽しむ
2016/10/21
No,55
おもと
管理育て方
大会 展示会