おもと 大葉の根



おもと


大葉おおは
 太陽殿の虎の 根っこ
新根の動きがよい

昔は三河地方では大葉はできないといわれていました。
高温多湿の夏場に弱いといわれていました。
ですが、もっと暑い場所でも出来ていますし、
昔から大葉が好きだったこともあり、
いろいろ試行錯誤してみることに

一番の原因は、小型の羅紗が中心の三河では
鉢の大きさがまったく違い、
小型の羅紗と同じように水遣りをしていたのが
失敗の原因でした。
羅紗は暑い夏場でも1~3日に1回水遣りをしていますが、
大葉はもっと間隔をあけて水をからくすることで
新根が良く伸び、簡単にできるようになります。

鉢の大きさと水やりにはよく注意します。






おもと



かめ



ワラ灰
しっかりやりましょう。
K(カリ分)の補給にもなり、
根芋が強くなり、病害虫にも強くなります。

濃すぎる、やり過ぎると凝ることがあるので注意







9/13 今日は湿度が高く、
すべて水やりはやめて、よく乾かします。
ここのところの雨であまり水をやりません。
外棚は雨がちょこちょこかかっています

1週間ほど前に植え替えたものが
新根がよくでて、下葉が少しづつ落ちてきました。
元気な証拠



大会前の植え替え
植え替えをすると刺激で新根がでて、
下葉が落ちやすいです
葉数も多く、大会で勝負したい木は
直前の1週間前 前後に植えかえます。


















大葉から薄葉、羅紗、実生実親まで、
どの木も新根の動きがよい。
この時期は温度も高いので、
植え替え前に消毒液に浸けるのは
極短く
根の吸い上げがよいので、
すぐに薬害が出てしまいます。
植え替えた後は乾きも早いので
水切れを起こさないように

羅紗系は日に強いので、植え替えた後も
日をある程度当てますが、
薄葉系などは日を弱めて1~2週間管理して
日を強めていきます。



秋の植え替えの際に、春に芋切りをしたい物には
チェックをしておきます。
春には芋切りの木だけ抜けば、芋切りが出来ます。
また、今年の作がなかなかうまくいかず、
再生させたいものも来年の秋に芋を切り、
再生させることもできます。

私どもの水遣りは少なめ少なめでやっているが
少し多いので、赤玉土の多い用土は根落ちが多い
矢作砂(やはぎすな)、パミスで
荒目で植えた方が成績よし

こればっかりは水遣り、用土だけでなく、
日当たり風通しなど環境によるので
皆さんご自分の環境にあった用土、水やりを研究してください。




























第16回萬風展記念帳
5000円
萬風展全出品作品326点
昨年の名品展特別最優等57点
第19回萬遊会全出品作品160点
スナップ写真
ソフトカバー、オールカラー
素晴らしいコメント付き

送料1冊100円(クロネコメール便)
      360円(レターパック)

















徳川家康公も実を付けて楽しんだおもと
400年前の寺社に実付きのおもとが沢山残っています
是非楽しんでください










静岡 久能山東照宮



国宝 久能山東照宮の石の間
桐の花に舞い降りる、飛び立つ鳳凰の上に
実付きのおもと かえるまたの中
かえるまたには徳川の三つ葉葵が

久能山東照宮
422-8011
静岡県静岡市駿河区根古屋390




2016年 大会
9/30~10/2 鹿児島大会
10/22~23 愛知 岡崎 農遊館 第90回三河おもと名品展









江戸のおもと彫刻 三峰神社


徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
おもとの彫刻 久能山東照宮   福岡 英彦山神宮
京都 北野天満宮摂社 地主神社





おもとのご質問
メールでご質問いただきますと、
こちらでお答えいたします。
メール omoto@houmeien.co.jp




久能山東照宮
おもとの彫刻
岡崎 六所神社のおもとの彫刻
江戸時代

国宝 久能山東照宮のおもとの彫刻

桐と鳳凰の上におもとが彫られています

徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
『始めよう伝統園芸おもと』の本
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/



鉢とおもとの裏表







おもとについて
おもと通信販売
引越しおもと1
Omoto English
万年青 品種紹介
おもと 品種紹介2
万年青
おもとを楽しむ
2016/9/13
No,51
おもと
管理育て方