おもと 葉枯れ 葉傷み5



おもと




おもとの葉傷み 葉枯れ

すっぽぬけ
暑い地方でたまに出ている、なかなか止められない病気。
一気に色が醒めて、倒れてしまうことから、
「てっぽう」 「立ち枯れ病」など

下葉の黄色が一気に来ることや、
新葉も葉の元や先だけでなく、
葉の中の方から黄色がでたら注意。

他のおもととは隔離して、
様子をみましょう。
私どもはもしでたら、すぐに新聞でくるんで
焼却処分します。








おなじすっぽぬけ
ぱっと見ではなかなかわからないが、
色に少し生気がなくなっている。







葉元が腐っている。







こちらも




新葉を触ったり、上に引っ張ると簡単に抜ける。
芯に病気が入っている。






うつるのを防ぐため、砂も鉢もラベルもすべて焼却。



予防策は
風通しの良い作場にすること。
肥料は7分目
30℃を越えたら、水は控えて、良く乾かすこと。
首元を清潔に。上から、もしくは新根から入ってくる。
傷んだ葉は捨てて、作場の外へ。
葉の芯に水をためない。
定期的な消毒。
砂の使いまわしをしている人は、煮沸か完全消毒をする
もしこの病気が出てしまったら、そのおもとをまずは隔離。
この病気と分かったら焼却。
日が弱めの方がなりにくい。



鉢をあけてみると、
根の多い木がなり易く、
子だけは助かることもあります。

砂を使いまわしている人が要注意です。



















徳川家康公も実を付けて楽しんだおもと
400年前の寺社に実付きのおもとが沢山残っています
是非楽しんでください










静岡 久能山東照宮



国宝 久能山東照宮の石の間
桐の花に舞い降りる、飛び立つ鳳凰の上に
実付きのおもと かえるまたの中
かえるまたには徳川の三つ葉葵が

久能山東照宮
422-8011
静岡県静岡市駿河区根古屋390




2016年 大会
9/30~10/2 鹿児島大会
10/22~23 愛知 岡崎 農遊館 三河おもと名品展









江戸のおもと彫刻 三峰神社


徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
おもとの彫刻 久能山東照宮   福岡 英彦山神宮
京都 北野天満宮摂社 地主神社





おもとのご質問
メールでご質問いただきますと、
こちらでお答えいたします。
メール omoto@houmeien.co.jp






久能山東照宮
おもとの彫刻








岡崎 六所神社のおもとの彫刻
江戸時代




国宝 久能山東照宮のおもとの彫刻

桐と鳳凰の上におもとが彫られています



徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
『始めよう伝統園芸おもと』の本
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/



鉢とおもとの裏表








万年青 品種紹介
おもと 品種紹介2
万年青
おもとを楽しむ
2016/8/16
No,41
おもと
栽培 管理