おもと 葉枯れ 葉傷み2



おもと


瑞泉 ずいせん
おもとの葉傷み 葉枯れ

おもとは葉が落ちていくとき、
一番下の葉(外側の葉)から落ちていくことが多いですが、
稚葉から落ちてくることもあります。






写真の赤い葉です。
おもとの葉は、本葉ととても短い稚葉がでます。
稚葉は年と年の境に出てくる葉なので、
この稚葉を見れば何年目のおもとかということが分かります。

稚葉が先に落ち、その後、稚葉の下の葉が落ちていきます。





その稚葉を取り除き、綺麗に。

この木のように、子供がでてきても
下葉が落ちやすくなってきます。
子供に栄養が沢山必要で、親の栄養を与えるからでしょうか。
子が出そうな木、1~2年の子が出ている木は
子供の分と少し多め、長めの肥料が大切です。







福の光 ふくのひかり






葉が焼けています。
白すぎたので、焼けやすいです。
また、今年葉より、昨年葉以前の方が焼けやすいです。
下の緑の葉も、少し黄色になってきていますが、
日が強いので、葉色が落ちてきています。
日を弱く、もしくは、春からの肥料をもう少しやった方がいいでしょう。





下葉は腐って、しみのようになってきています。
簡単に取れるので、取り除きます。





きれいさっぱり。
この時に、砂が少なければ砂を足してやります。

























徳川家康公も実を付けて楽しんだおもと
400年前の寺社に実付きのおもとが沢山残っています
是非楽しんでください










静岡 久能山東照宮



国宝 久能山東照宮の石の間
桐の花に舞い降りる、飛び立つ鳳凰の上に
実付きのおもと かえるまたの中
かえるまたには徳川の三つ葉葵が

久能山東照宮
422-8011
静岡県静岡市駿河区根古屋390




2016年 大会
9/30~10/2 鹿児島大会
10/22~23 愛知 岡崎 農遊館 三河おもと名品展









江戸のおもと彫刻 三峰神社


徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
おもとの彫刻 久能山東照宮   福岡 英彦山神宮
京都 北野天満宮摂社 地主神社





おもとのご質問
メールでご質問いただきますと、
こちらでお答えいたします。
メール omoto@houmeien.co.jp






久能山東照宮
おもとの彫刻








岡崎 六所神社のおもとの彫刻
江戸時代




国宝 久能山東照宮のおもとの彫刻

桐と鳳凰の上におもとが彫られています



徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
『始めよう伝統園芸おもと』の本
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/



鉢とおもとの裏表








万年青 品種紹介
おもと 品種紹介2
万年青
おもとを楽しむ
2016/8/16
No,38
おもと
栽培 管理