愛玉殿(あいぎょくでん)
aigyokuden


愛玉殿(あいぎょくでん) 7年生 鉢 10.5cm(3.5号)
昭和三年、愛知県西尾市の
手島岩次郎氏の所で作出した実生を
水野淳治郎(豊明園)が見出し
昭和八年愛玉殿と命名した。


作出者 手島岩次郎 作出年度 昭和三年
命名者 水野淳治郎(豊明園)
登録者  登録年度 
羅紗系統
中型
数は少なくなった
性質 強健
採光 強め
施肥 強〜中
繁殖 芋吹きよい 子上げもする
葉繰り 普通 2〜4枚
愛玉殿あいぎょくでん
芋吹き

お多福のような可愛い丸葉ばかりがでることも多い
芋吹きから育て上げたい

羅紗系統 中型種
濃緑色で、首太く葉肉厚い。
採光・肥料は強め丈夫で作りやすい。

芸の愛玉殿、姿の愛国殿、二面の愛晃殿で
三愛として楽しまれた
若い葉から芸の変化
雅糸龍が主体の芸ですが、
若いころや親になったも熨斗葉もだします。
首太く、力強い
子も上がりますが、芋吹きの方が一般的か
葉芸は肥料が多すぎても
ばかっ葉(ばかっぱ その木にしては大きな葉)が
でてよくないですが、少なすぎも芸や葉数がでません。
秋から梅雨前までもゆっくり、じっくりの肥料と日で
ゆっくり大きくしていってください。
肥料6〜8分目
素晴らしい芸
全国大会でも毎年
愛玉殿は素晴らしい作品がでます。
新生殿と同じく、羅紗の入門品種でありながら、
これ以上の羅紗品種はないでしょう。
羅紗が好きであればある程、
基本の愛玉殿に立ち返って楽しむ方が多いです。
がちっと小型にできた
毎年、日をしっかりと良く採ることで
葉が徒長せず、詰まってできている
日が良くとれているので
芸が素晴らしい
毎年気候は変わっても、肥料は6〜8分目、
日だけはしっかりと

一角縄縁、一水の宝尽くしで
苔は宮崎産の生水苔
成長の途中
日をしっかりとあてると葉の折下げがよくなり、
美しい格好に
折下げ 右の上の葉のように、上に行った葉が
下にぐっと曲がっていく
左の斜めや上に伸びる葉は
これからの成長、日を良く採ると折下げよくなる
また来年、芯から葉が出てくる頃には
折り下がってくる











万年青 品種紹介
おもと 品種紹介2



 
 三河の萬蘭
昭和八年八月弐拾五日発行記事より
出世した愛玉殿
昔の金星人気に次ぐか?
愛玉殿は羅紗地に深覆輪。シカミ強く剣を生し加わるに雪白の甲龍ある雄姿の逸品である。該種は曩に本紙於て報導したるが交接實生にして實生家の名聲高き三河幡豆郡西尾市手島岩次郎氏の棚に生まれ富貴殿と命名せられ三河交接實生研究會発行の銘鑑に別席上位にありて手島氏は我子の如く愛培せられつっありしも萬界の巨頭岡崎駅前水野淳治郎氏の懇望による譲ることとなり水野豊明園の棚に入るや忽ち人気上昇したるにある。 水野氏は萬界の偉人にして目先高く羅紗物の人気を豫測し譲り受けられたりと聞く。 きに昨今羅紗物の望人日々に増加し好況気分を示すに至る。去る明治三十七年四、五月頃無地物の金星五〇圓位にて取引ありたるも 八年の一月頃は三百圓以上に上昇し 年の秋は一躍千二百圓に昇騰したることありと、其當時萬界の巨頭として天下に鳴らした元矢作町の島現今安城町の山本新三郎氏は三河碧南より千五百圓にて買はれたるを京都の人萬界の巨頭大辻久五郎氏十一月上旬に至り耳にし態々出張山本新三郎氏に對し千七百圓迄買い進みたるも山本新三郎氏頑として應じなかったので流石の大辻氏も譲り受くるを得ず帰京せらりたりと。山本新三郎氏は該金星を増殖すべく翌春芋を切て吹したるに都合よく奴に発芽し下子を千二百圓に賣り上吹きを千五百圓にて水野氏の紹介によりて賓飯郡御油町の紺屋へ賣り計弐千七百圓の作得を収められたりときく。 今の羅紗物上向の情勢より見て或は金星の人気上昇の如く状況を観測せらるるものありて愛玉殿の呼び聲益々高きを聞く。

手島
京楽焼関東元租
東京市本郷区駒込林町10
明治・大正・昭和始めまで製造

五竜
京楽焼
京都
明治・大正終わり頃製造
万年青 
羅紗系
品種 愛玉殿
aigyokuden
あいぎょくでん