岡崎・六所神社
徳川家康とおもと



  
大発見!
徳川家康がお宮参りをした
岡崎・六所神社にも、おもとの彫刻がありました
三代将軍家光が社殿を再建しました
六所神社  
 
安産の神様として祈願をする人が多いです。
愛知県岡崎市明大寺町耳取44
豊明園から車で15分の場所
楼門  重要文化財 貞享5年(1688年)
松平氏(徳川)発祥の地松平郷の六所神社より祭神の勧請を受けて創建したものです。徳川家康の産十神として江戸幕府の厚い保護を受けました。石段は家康の命日にちなんで17段で作られています。昔は五万石以上の大名しかこの石段より上に上がれなかったそうです。


楼門 重要文化財
貞享5年(1688年)
楼門は4大将軍家綱が寄進したものといわれています。


松平氏が三河入国以来、代々崇敬厚く天文11年(1542)12月26日岡崎城にて竹千代君(徳川家康公)ご誕生の折には産土神としてご拝礼になった。三代将軍家光公の御真筆の『六所大明神』御額


拝殿 重要文化財
寛永11年(1634年)
三代将軍家光公が再建したものです。
寛永11年から13年(1634〜36)にかけて、御普請奉行本多伊勢守と神主大竹大膳久次により社殿および神供所をご造営されました。
この時に本殿、幣殿、拝殿を連結し華麗な彩色を施した権現造の社殿が完成。彫刻や色彩が華やかです。


幣殿
幣殿の中央右上に彫物のおもと


金覆輪のおもとに赤い実を付けています。


金覆輪のおもとに赤い実を付けています。
すこし葉が波うっています。



神供所 重要文化財
寛永11年(1634年



神供所 重要文化財
右から2番目の位置に蛙股の中に2株のおもとが彫られていました。

おもとの歴史
久能山東照宮
久能山東照宮2
おもとの品種紹介
全国大会 琴治
琴治 神戸大会
おもと(万年青)の育て方

1日1回のクリックが励みになります^^
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/








文化庁長官表彰
 
青木慶祐
公益社団法人日本おもと協会名誉会長
 
永年にわたり、おもとの名作者として活躍するとともに、
日本おもと協会の役員・会長を歴任しておもと文化の普及・啓発に
尽力するなど、我が国の芸術文化の振興に多大な貢献をしている
 
 
森進一(67)さん、コロッケ(54)さんら35人と
世界文化遺産に登録された富岡製糸場(群馬県富岡市)を操業停止後も処分せず、05年に市に寄贈するまで保全してきた片倉工業(東京都)の1団体が表彰されました。
 
 
山野草、おもとを取り上げてくださる栃の葉書房でも
青木会長の祝!文化庁長官表彰 特集を予定しています。
 
 
 
平成26年度 文化庁長官表彰
文化庁の広報ページ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
『始めよう伝統園芸おもと』の本
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/



鉢とおもとの裏表








万年青 品種紹介
おもと 品種紹介2
万年青
おもとの文化
楽しみ 歴史
おもとの400年前の彫刻
六所神社