万年青の葉芸
葉芸 曙柄 品種(外輪山)
葉の首下の所から葉の中央部まで黄白色(曙)になる部分を言います。
曙柄は気温により現れたり、消えたりします。
安定的に曙柄を現わすには、芽出し以後、太陽光を充分に採ると
曙色が鮮明になります。
曙柄の品種
中葉系統 福の光黎明
大葉系統 曙・薩摩富士・霧島・薩摩天光外輪山
万年青 品種紹介
おもと品種 羅紗
おもと品種 薄葉・大葉
万年青の葉芸
外輪山(がいりんざん) 7月28日撮影
6月から9月まで美しい曙色を見せます。
10月からは少し白みを帯びて又違うあじわいを見せます。
出芽の時期より午前中の日光を採ると美しくなります。
気温が高いと曙柄が良く現われます。
外輪山(がいりんざん) 7月28日撮影
曙柄があざやかに現われ葉の縁には覆輪が回る。