『萬年青図譜』

明治のビッグネームによる格式高い内容
                                                                 
                                                                 社団法人 日本おもと協会会長                                                                             文 今泉 敬 

わが国の伝統園芸の歴史や文献江戸・明治期の文献などについては、伝統園芸の雄・おもとに関する書を取り上げました。おもとに関する代表的な文献といえば、明治十八年三月に出版された篠常五郎編集の『萬年青図譜』上・下二巻を挙げることができます。
 編者の篠常五郎
(18601917)は東京・根岸にあって、おもとの名品『根岸の松』作出で知られる「篠肴舎」の当主でした。父祖の代から引き継いだ3000坪にも及ぶ広大な敷地で、旧大名をはじめ当代一流の人々を顧客に迎え、おもとの巨商としてゆるぎない地位を確立し、活躍した人物です。

『萬年青図譜』は扉を開くと、維新の元勲・三条実美と東宮侍書・長三洲の題字があり、次いで静岡県令・関口隆吉と報知新聞主筆・栗本鋤雲が序文を寄せています。まさに当時の政府高官や碩学という、多彩な顔ぶれです。さらに品種名についても、嚴谷一六、長三洲、山岡鉄舟が分担して揮毫するという、これまた格式の高い編集内容となっています。なお本文の図版は、あざやかな多色刷りで、当時の最新技術を駆使した印刷になっています。
 今回、『萬年青図譜』の、とくに三条実美公の題字と栗本鋤雲翁の序文に焦点を当てることにしました。これらの解読を通して、いくぶんでもおもとに対する新しい認識を持っていただければ幸いです。

題字 
 三条実美公(1837〜1891年)は、幕末から明治前半の著名な大政治家です。公卿出身で、右大臣・太政大臣・内閣総理大臣などを歴任
し、長く明治政府の最高位にあった人です。
 題字は、気品のあるおだやかな書
「保萬年」すなわち「萬年を保つ」と訓読できます。また、書頭の関防印は「遷善」。後段の落款は、白抜きの字が
「藤實美印」で、藤の文字は名門・藤原氏の出を意味します。その下の朱字は「梨堂翰墨」で、梨堂は実美公の号になります。
萬年青図譜1
萬年青の歴史
萬年青の歴史一覧