組合章(実物大)
日本おもと協会三河支部のマーク
16年度全国大会に使用するマーク 当時おもと鉢に描かれ使われていました。

昭和45年にマークを公募三河支部 
沢田重充氏発案

外の輪 三河の和を現します。
実 三河の三つの和が実ることを現す。
5枚の葉は三河の万年青界が発展する緑の象徴です。下の三 三河の川と大地に太く根が張る事を現します。

大正10年三河園芸組合
設立時に配られた組合章